建具×デザイン

大川TATEGUMI。
それは、語る場をつくり
人と人、モノと未来をつなぐプロジェクトです。

デザインする人とつくる人が、
直接語り合うことで、これまでにない新しいカタチを
生み出すことを目指しています。

職人たちが、今つくるモノを見つめ直すことで
未来を描き出すことを目指しています。

事業のフレーム

STEP01

チームづくり

建築家と職人をつなぎ 職人と職人をつなぐ

九州を拠点に活動する4名の建築家に依頼。
組合の有志メンバーが参加し4つのチームづくりを行う。
建具職人同士の協働も、これまであまり例が無いこと。

建築家(デザイン提案)、職人(技と知恵)
STEP02

今と未来をつなぐプロトタイプづくり

建築家がデザインを提案し、職人が技術でカタチにする。
各チームごとで新しい建具を考案し、プロトタイプづくりを実践。

STEP03

コンシューマーと職人をつなぐEXHIBITION

4チームのプロトタイプを引っさげて、産地大川から離れた九州の中心地天神にてプロトタイプの展示会を実施。

STEP04

実績をその先につなぐ
冊子制作

今回の大川TATEGUMIの展示会を特集企画とし、大川建具の魅力をまとめた冊子を制作。

STEP01

チームづくり

4人の建築家を頭に各チーム4名の職人が加わり、大川TATEGUMI4つのチームを。

TEAM A

建築家

百枝 優

1983年生。九州芸術工科大学卒業、横浜国立大学大学院/Y-GSA修了後、隈研吾建築都市設計事務所を経て、百枝優建築設計事務所を設立。

職人

  • 前田英治(前田建具製作所)
  • 宮崎宏樹(宮崎建具)
  • 石橋智明(石橋建具製作所)
  • 鶴 剛志(鶴建具本店)

TEAM B

建築家

平瀬有人

1976年生。早稲田大学大学院修了後、古谷誠章研究室・スイスにて設計活動を行う。佐賀大学大学院准教授。yHa Architectsパートナー。

職人

  • 竹下直哉(竹下建具工芸)
  • 仁田原進一(仁田原建具製作所)
  • 古賀英敏(古賀建具店)
  • 坂井貴之(坂井建具製作所)

TEAM C

建築家

大庭早子

1983年生。日本女子大学卒業、横浜国立大学大学院/Y-GSA修了後、長谷川豪建築設計事務所、brasil arquiteturaを経て、大庭早子建築設計事務所設立。

職人

  • 江島廣典(トイップエシマ)
  • 角 明成(角建具製作所)
  • 阿津坂紘一(阿津坂建具)
  • 堤 健雄(堤建具工業)

TEAM D

建築家

高木正三郎

1969年生。早稲田大学卒業後、石山修武研究室を経て、建築巧房主宰。日本古来の木や土、漆喰、紙などを用いた現代的な空間づくりを行う。

職人

  • 石橋亮一(アイエム)
  • 木下正人(木下木芸)
  • 中村政一郎(中村建具襖製作所)
  • 吉北斗海(吉北建具木工所)

STEP02

今と未来をつなぐ
プロトタイプづくり

建築家と職人、職人と職人がタッグを組み、各チームが腕を競って作り上げたプロトタイプ。

TEAM A

「建具の縁(ヘリ)_重窓」

縁を室内側につくる「重窓」。
壁と同化した小さな穴に指をかけ引っ張り出すと風と光が室内に伸びる。

TEAM B

「柔らかな境界をつくる」

透明度の異なるスラットの連続によって柔らかくラウンドした空間を生み出し、
空間を変容させるフィルターとしての建具。

TEAM C

「大川の建具巻き」

「柱」と「建具」の関係を再構築する。
柱のような建具は、どこへでも持ち運び可能で、自在に居場所を作る。

TEAM D

「通し、障ふる、建具」

光、風、人。
これらを遮り、通すための精密な建具技術のアッセンブリーとして。

STEP03

コンシューマーと職人をつなぐ
大川TATEGUMI
PROTOTYPE EXHIBITION

4チームのプロトタイプを引っさげて、産地大川から離れた九州の中心地天神にてプロトタイプの展示会を実施。

大川TATEGUMI PROTOTYPE EXHIBITION

と き:
2018年2月15日(金)〜18日(日)
ところ:
UNION SODA(福岡市中央区大名)
主 催:
一般財団法人 大川インテリア振興センター
大川建具事業協同組合
企 画:
ハコと場をつくる 株式会社SAITO

TATEGUMI FORUM
「建築家×職人|空間と建具。その関係性と未来」

と き:
2018年2月7日(土)14:00~17:30
ナビゲーター:
古谷誠章氏[建築家 早稲田大学教授 XASCA代表 日本建築学会会長]

ナビゲーターに古谷誠章氏をむかえ、プロジェクトに参加した建築家と職人メンバーによる
トークセッションを開催。建具の今とこれからを読み解く。

STEP04

実績をその先につなぐ冊子製作

今回の大川TATEGUMIの展示会を特集企画とし、大川建具の魅力をまとめた冊子を制作。

「大川TATEGUMI」

発 行:
2018年3月
企 画:
一般財団法人 大川インテリア振興センター
大川建具事業協同組合
ハコと場をつくる 株式会社SAITO
編 集:
ハコと場をつくる 株式会社SAITO
株式会社アポロデザイン
デザイン:
石川博己(F_d)
原 稿:
百枝優 平瀬有人 大庭早子 高木正三郎
斉藤昌平 植村康子
撮 影:
ロケットスタジオ

「大川TATEGUMI」

発 行:
2018年3月
企 画:
一般財団法人 大川インテリア振興センター
大川建具事業協同組合
ハコと場をつくる 株式会社SAITO
編 集:
ハコと場をつくる 株式会社SAITO
株式会社アポロデザイン
デザイン:
石川博己(F_d)
原 稿:
百枝優 平瀬有人 大庭早子 高木正三郎
斉藤昌平 植村康子
撮 影:
ロケットスタジオ

Copyright OKAWA TATEGUMI

ページトップへ